FXで精度の高い相場分析

FXの収益は決して勘に頼っては上げられません。特に外国為替の相場は、毎日すごいスピードで動きます。それだけに、収益を上げるためには精度の高い相場分析が必要になってきます。やはり、分析法として挙げられるのが「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」です。

過去の値動きを確認しながら、今後の動きを予測するテクニカル分析はローソク足、トレンドライン、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSI、ストキャスティクスなどの基本チャートを利用しながら分析するとよいでしょう。
ニュースや新聞などあらゆる情報媒体の政治、経済情勢を追い予測する手法であるファンダメンタルズ分析は、GDP、雇用統計、CPI、貿易収支、金利、要人発言などに注目して分析するとよいでしょう。 FXの分析ならFX・株・外貨預金netFXベストランキング
この2つの相場分析を上手にあわせて取引を行えば、収益アップ間違いなし!

スワップ金利で稼ぐか値動きで稼ぐか

外国為替を取引するのであれば自分の投資スタンスを決めておく必要があります。
外国為替投資に対するスタンスは大きく分けて2種類、スワップ金利重視と値動き重視で、それぞれに特徴があります。
スワップ金利重視は金利が低い国の通貨を金利が高い国の通貨に投資することで、その金利分の収益を狙う投資法です。円であれば円を売って外国の通貨を買うことでスワップ金利を受け取ることができ、中長期で投資する人に向いているます。この投資スタンスでのおすすめ通貨は、オーストラリアドル/円とニュージーランドドル/円です。
値動き重視は通貨の上昇・下落を予想し、その差益を狙う投資法で、売り・買いのどちらからでも入れるので自由な取引が可能になります。短期間で大きな利益を稼ぎたい人に向いています。この投資スタンスでのおすすめ通貨は、ドル/円とユーロ/円です。
上田ハーローFXはFXの通貨ペアも多く取り扱っています。
参考:金融サービス: 外国為替
自分の目指す投資スタイルでどちらのスタンスで行くか、よく検討しましょう。

FXに参加する心構え

FXは比較的手軽に個人が外貨投資に参加できるものですが、手軽なだけに気軽に投資しがちですが、様々なリスクがあります。FXで失敗しないためにも心がけるポイントがいくつかあります。

まずは、取引の内容を理解しないまま取引するのはやめましょう。十分な説明を受けた上で疑問がない状態で始めましょう。「この商品は絶対に儲かりますよ」という言葉を鵜呑みにせずに、リスクの説明はしっかり受けましょう。FX投資資金は、あくまでも余裕資金で冷静さを心がけましょう。

解約に応じてくれないとか、精算金がなかなか入金されないなど取引会社とのトラブルは時間を置かずにすぐ対処しましょう。FXで迷った時などは、専門家などに相談するのもよいことです。しかし、最終的には投資判断は自分です。人任せにしてはいけません。
自己責任を自覚し、人に惑わされないということと、余裕資金の範囲で楽しむということがポイントです。